アウトロー 蘇る、なにわ伝説

アウト?セーフ!!

自慢じゃないが私は遅漏気味である。原因は分かっている。オナニーのやり過ぎだ。このせいで、私は風俗に行ってもイケずじまいだった事が何度かあるぐらいなのだ。「だったらオナニーをやめればいいじゃないか」と簡単に人は言う。しかし、男の一人暮らしで、しかもニート同然の生活。エロ動画サイトもエロDVDも見放題のこの状況で、オナニー絶ちなど至難の業であろう。そんな悩める私がいつものようにネットで風俗情報を漁っていた時、目に飛び込んできたのが「強制2回抜きシステム」という謳い文句。「ほほう…、これほど“ヌキ”に関して自信を伺わせるお店なら、私でも1回ぐらいは発射出来るかも…」。淡い期待を抱き、お店へと向かった。店の名は『アウト?セーフ!!』。場所は難波、阪神高速環状線湊町出入口近くの、あのホテル街だ。さすが新店だけあって外観も店内もキレイで清潔感に溢れている。面白いのは入り口脇にあるネオンサインにて随時イベント内容などが表示されているところ。ここは入店前に要チェックだろう。パネルでレベルの高い在籍嬢に目移りしながら女の子を決め、店員オススメの80分コースを選択。で、肝心の内容なのだが、これが盛りだくさん。恋人風イチャイチャあり、洗体&ボディケアあり、オイルマッサージや睾丸マッサージあり。しかもコチラから女の子への責めも当然OK。エステの要素も攻守ヘルスプレイの要素も性感マッサージの要素もあって、とにかく「“気持ちいいコト”全て詰め合わせました」という感じなのだ。結果、「1回ぐらいは発射出来るかも」どころか、きっちり2回イカせてもらった私であった…。

文/上杉篤史 漫画/ふらんけん正人         漫画を見る

マツノヒトミ漫画
先輩さんと後輩くんの フラリと散策 〜メトロ神戸編〜
先輩と称されている私、ふらんけん正人が後輩と称するマツノヒトミ君に描かせたメトロ神戸のレポート漫画でありますが、「キャーなんてメトロポリタンなところに連れてきてくれたんですか♡」なんて事も言わず死んだ魚の目で睨みつけるマツノ君に恐怖しながらも散策したものですわ。
福原の最寄り駅「新開地駅」の地下街にあたる「メトロ神戸」、他の地下街にはない独特の雰囲気(昭和臭)を醸し出しております。高速神戸とメトロ神戸を結ぶ500M程のこの地下街が私のようなおじさんには郷愁を誘う落ち着ける場所なんです。マツノ君にもそのへんは微妙に伝わり微笑を浮かべとりましたわ。
文/ふらんけん正人  漫画/マツノヒトミ            漫画を読む
r

日本厄洛斯(Nippon-Eros)は社会と性風俗をテーマにした見聞録です。

アルファKING OF SPA

ソープ街、福原にボディケアのお店が出来たと聞き潜入取材に行く事にした。
ボディケアというとエステやマッサージをする事だけどエロス方面ではそこに「男性向き」という言葉がつく。2000年の段階で関西にはボディケアのお店として韓国エステやタイ古式マッサージを名乗るお店が繁華街にその看板を掲げていた。今、思うとあれは本当のマッサージ店だったのかよく分からないものもあるのだけど男性向きのボディケアのお店はヘルスに近いサービスやそれを上回るサービスをボディケアと共に受けられた。しかし当時のそれらは非合法という事で摘発される事も度々あってボディケアでリラックスしながらもドキドキ感(悪い意味で)をどこかに感じていた。それが2011年現在、アロマオイルを使ってエステやマッサージを風俗未経験で見た目のいい娘たちがしてくれる第二世代型ボディケア店があちこちで見られるようになった。デリヘルやホテヘルの営業スタイルをとり合法的に運営されていてボディケアに重きを置いたサービスはヌキに行ったのに眠ってしまったと苦笑いを浮かべる男どもを数々と生み出す結果にもつながった。それでも第二世代型ボディケア店の人気は高い。そう、時代はソフトサービスに傾いているのだ。それゆえ、風俗の王様と言われガチ感のあるソープとは相容れる事はなくソープ街に第二世代型ボディケア店が出来るとは考えていなかった。潜入取材した『アルファKING OF SPA』の特異点はソープランドがボディケアのスタイルを取り入れて営業していることにある。ゆえに同店は福原初のボディケア店にしてガチ感をも併せ持つ第三世代型ボディケア店とも言える。
体験者、文/エマノン権兵衛 漫画/ふらんけん正人       漫画を見る

 Copyright Nippon Eros All rights reserved.                                            Produced by 1C4C
探訪記 日本福原
福原といえば日本屈指のソープ街じゃ。福原の歴史は深いと言われておるが、それは平清盛が首都を福原に遷した事が起源じゃ。しかし『驕る平家は久しからず。』という言葉のとおり福原への遷都は長く続かなかったんじゃ。(170日間)だから福原はそんなに栄えなかったし今の福原ソープ街は旧湊川の川っぺりの自然堤防(川の流れで自然にモッコリした痴態、否、地帯)だったんじゃ。多分、鷺や鴨がいて鮎も泳いでたり川釣りマニアにはたまらないスポットだったに違いないのー。
文/ベネディクト博士                      続きを読む
ドスケベ回春エステRelax

ドスケベ回春エステ Relax

若い頃はそうでもなかったのだが、30代半ば頃からはマッサージで体の凝りや張りをほぐしてもらうのが本当に心地よく感じる。しかし、そういった疲労が溜まっている時には、何故か下半身がムラムラしがちなのも男の性(さが)。だから、電話で女の子を呼ぶ時は、エステ系のお店にも心が揺らぐのだが、やはりそれでは“ムラムラ”の解消には物足りないと感じてしまい、結局ヘルス系のお店に電話してしまう。つまり、エステ系のお店では、マッサージに主眼を置いている分、女の子のレベルは高いが、エロ系のサービスはかなりソフトな内容となってしまうのだ。
しかし、エステ・マッサージを施してもらいつつ、こちらのエッチな気分も存分に満足させてくれる出張エステ店が登場した。「ドスケベ回春エステ Relax ~極エロ性感マッサージ専門店~」である。“ドスケベ”“極エロ”と、エステ店にも関わらずエロ方面も大いに期待させてくれるキーワードが銘打たれている。
その看板通り、「ディープキス」や「リップサービス」といった通常のエステ店なら有料オプションメニューとなっているものが標準プレイ内容に組み込まれいているのだ。しかも女の子はトップレスにまでなってくれ、さらに下はエッチなTバック着用。その格好で顔面騎乗までしてくれる。そして女の子のレベルも他のエステ店と比べて全く遜色ない。
このお店を発見した私はもちろん早速利用してみた。じっくり丁寧なエステマッサージに癒されつつ、エロいサービス内容にチ○コはギンギンになるばかり。興奮度MAXのところで発射し、カラダもアソコもスッキリ。私のデリバリーライフにまた一つ新たなお気に入りのお店が加わったのであった。

体験者、文/上杉篤史  漫画/ふらんけん正人      漫画を見る

inserted by FC2 system